会員の皆様へ

諏訪商工会議所のご案内

諏訪商工会議所の事業活動

経営についてご支援いたします

創業・起業される皆さんご相談ください

会員の皆様はお得で安心、会議所の共済制度

ビジネスサポート



アクセスMAP
〒392-8555
長野県諏訪市
小和田南14-7
TEL:0266-52-2155
FAX:0266-57-1010
info@suwacci.or.jp

平成30年戊戌 年頭のご挨拶

諏訪湖朝日17.jpg

 新年明けましておめでとうございます。会員、従業員、ご家族の皆様には、
新たな希望を胸に新年を迎えられたことと、心よりお慶び申し上げます。
 
 昨年は、諏訪商工会議所創立七十周年の記念式典が行われました。ほぼ時を同じくして、衆議院議員総選挙が行われました。新たな政党の誕生や、離散集合等、難しい政治状況の中でしたが、企業収益や業況判断、雇用情勢は持ち直し、日経平均株価にみられるように大企業を中心に好調と言われる経済状況の中での総選挙となりました。
 
 その一方で、人材不足という影の影響が地方の中小企業にみられています。しかし、このことは雇用環境の改善に繋がって、「働き方改革」の影響もあり、長時間労働の是正、女性や高齢者の雇用に資するため育休や定年の延長等、地方中小企業においても様々な就業促進のための処遇改善と生産性向上が課題となり、私たち事業者の責務となってきました。更には税制改正等により賃金上昇率が大企業を中心に高まる可能性があります。
 
 今、私たち地方の中小企業は、生産性の向上に取り組めるようなIT技術の革新や、AIやロボットのための人材採用がとても困難な状況です。このことが大企業と地方の中小企業、また地方の中でも企業間の格差をさらに広げています。しかし、それ以前に事業継続等の問題で多くの会員が悩んでいます。
 
 商工会議所は、地方創生の推進に向けた取り組みに、今こそ真剣に会員の皆様と向き合う時と考えています。会員の皆様の経営改善支援、事業承継のお手伝い、地域企業等との販路開拓支援(ビジネスマッチング)、また創業支援や起業家教育等を、行政や金融機関とタイアップして推進してまいりたいと考えています。
 
 さて、諏訪圏工業メッセ2017は本当に盛況でした。生憎の天候にもかかわらず、過去最大の出展社数と入場者に恵まれました。諏訪圏をあげてのイベントはまだまだ発展途上にあります。諏訪圏のものづくりは、まとまれば可能性は無限です。
 
 また、諏訪東京理科大学の公立化が決まりました。何とかこの諏訪圏で「人づくり、ものづくり」を推進し、人材の育成やものづくり企業と連携して、超精密微細加工の最大の集積地であることを武器に、次なる産業、例えば医療、介護、航空宇宙産業等の分野を切り開いていくべきではないでしょうか。そうすれば18歳で諏訪を離れた若者や、諏訪で働きたい、住みたい若者やアクティブシニアを呼べるのではないでしょうか。
 
 今や、工業メッセのない諏訪圏は考えられません。その為の各種整備、また観光面での活用等、諏訪圏でものを考える時期に来ているのではないでしょうか。
 
 諏訪圏ものづくり推進機構が好例です。今年はある最先端科学の学会の国際シンポジウムが諏訪で開催予定で、経済波及効果に期待を寄せるところです。例えば諏訪大社や酒蔵、霧ヶ峰等に参加者が訪れることが想像できます。上諏訪温泉に宿泊し、パーティーがあります。歓迎の花火もあるでしょう。毎年そういう街になればよいと思いませんか。つまりコンベンションシティです。ユニバーサルツーリズムにも期待したいところですが、インフラの整備が必要になるでしょう。観光協会、旅館組合と協力し、これらの問題を諏訪圏全体で考えたいものです。
 
 駅前東口の開発に大きな進展があり、西口も二次交通の結節点整備や柳並線延伸を含めて進めていかなければなりません。お客様をお迎えする駅を中心に、改札口から既に歓迎されていると思わせる街づくりをしなければなりません。スマートインターチェンジ、諏訪バイパス、諏訪湖サイクリングロード等インフラ整備にも期待するところです。
 
 一方、「街のスポンジ化」という言葉を国交省は使います。今後人口減少ばかりではなく、世帯数が減少に転じます。空き家の問題をどう克服するかという課題が、立地適正化計画、コンパクトシティの問題とリンクします。行政と車の両輪となり、課題解決に向け進んで行きたいと考えています。
 
 さて、私たちは他にも将来に対する様々な不安の中で事業経営をしています。インダストリー4.0、ソサエティ5.0、更にマーケティング4.0ということをコトラーが言っています。近い将来に対する健全な危機感を持ち、自らの事業経営を一歩一歩進めていかなければなりません。諏訪商工会議所が中心になり、会員同士のつながりを大切にし、会員の悩み、不安を話し合い解決してゆく、そんな一年にしていきたいと念じています。
 
 本年が会員の皆様にとりまして良い年になりますよう、また諏訪の地方創生、街づくりが確実に進展することを祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。
 
諏訪商工会議所  会頭 岩波寿亮