2010_8月

今月の記事よりP10「魅せられて」を紹介します。今回は、今年の春に大学を卒業し、ホテルのフロントで働く水野真美さんです。

水野さん.gif 大学在学中から、卒業後は地元でサービス業に就きたいと考えていました。企業説明会での採用担当者の丁寧な人柄がとても印象的で、こんなすてきな人達がいる旅館でぜひ働きたいと思い、この職場に決めました。同期は9人ですが、同じ理由で入社を決めた人もいるそうです。

 現在、フロントは6名で担当しています。入社して4ヶ月が経ち、当たり前のことがようやく当たり前にこなせるようになってきました。想像していたよりもお客様と直接お話しする時間は短いです。初めていらっしゃる方、何度もご利用下さっている方、浜の湯に特別な思い入れを持って下さっている方などお客様は本当に様々ですが、フロント応対のわずかな時間でも、積極的にお客様に話しかけるようにしています。数ある観光地の中から諏訪を、また数ある宿泊施設から浜の湯を選んで下さっているので、気持ちよく滞在し満足して帰って頂きたいと思います。また、海外のお客様もいらっしゃるので、接客に関する英語を少しずつでも覚えるようにしています。

 大学時代はスペイン語を専攻していました。スペインへの短期留学では、見るものすべてが目新しく、自分の考え方や世界まで変わった気がしました。浜の湯に初めて入ったときも、今までの生活には無かった世界にとても感動しました。程度の差はあれ、お客様もきっと同じ気持ちになって下さると思います。「良い旅館だね」と言われると、社員の頑張りを認めてもらえたようで嬉しいです。いつまでも初心を忘れず、仕事に取り組んでいきたいです。

 学生時代のアルバイトとは責任の重さも違いますし、自分の力の無さに悔しいこともあります。同じ業種で働いている友人と励ましあったり、休日に遠出してリフレッシュしたりして、「よし、また頑張ろう」という気持ちになります。職場の先輩方にも友人にも恵まれていることに感謝し、これからも一生懸命勉強して、仕事を任せてもらえるようになりたいです。

2010_8月号(No349)

No349P1.pdf(今月の表紙「舟着蒼天」)

No349P2_3.pdf(特集:諏訪商工会議所第24期議員改選が行われます)

No349P4_5.pdf(マンスロートピックス:北陸信越ブロック商工会議所会頭会議、青申会諏訪湖畔で奉仕活動、求人票配布、個別指導会、工業メッセ実行委員会)

No349P6_7.pdf(諏訪地域企業ガイドブック掲載企業募集、諏訪大連会会員募集、行政書士会無料相談会、検定試験のご案内)

348P10-11.pdf(魅せられて水野さん、新会員紹介、定例相談、会議所行事カレンダー、お節介くん)

No349P12.pdf(諏訪よいてこグラフ)

*P8-9については、紙媒体のみ公開となります。

以上

以上