2011_7月

今月の記事から、「表紙絵の水谷心さんのスケッチエッセイ」を紹介します。

 「高ボッチ」

P1_表紙.jpg 奇妙な名前の山だが、アイヌ語で「巨大な高原」という意味だという。諏訪地方には「デイダラボッチ」という天地創造の巨神の神話がある。高ボッチは、このデイダラボッチが腰かけた山だと言うから面白い。そういうだけあって、ここからの展望は素晴らしい。南アルプス、富士山、八ヶ岳、御岳、乗鞍、北アルプス……。まさに360度の大展望である。そして、諏訪湖を中心とした諏訪盆地を一望するパノラミックで雄大は風景はなんとも言えない。なぜか訪れる機会のなかった「高ボッチ」だが今頃はレンゲツツジが綺麗だと聞いて登ってみた。「こんなに身近にこんな素晴らしい風景があるのか。」まさに、感動的な風景との出会いだった。

主な内容

360_P1.pdf(表紙:水谷心さん「高ボッチから望む諏訪湖」)

360_P2-3.pdf(特集:諏訪のパワーで日本を元気にしよう 第32回市民まつり諏訪よいてこ)

360_P4_5.pdf(マンスリートピックス:ネットでバンバン売りまくろう、上諏訪商店街物語り他)

360_P6_7.pdf(インフォメーション:源泉納付個別指導会のご案内、諏訪商工会議所の事業紹介他)

360_P8.pdf(技能五輪特集、わざまるを活用した開発商品の募集、他)

360_P10_11.pdf(魅せられてNo63、行事予定ほか)

360_P12.pdf(諏訪の長い夜のお知らせ、諏訪湖の花火(商連特別席の販売))

以上

以上