2012_11月

いよいよ平成24年も残すところあと2カ月。冬将軍を背中に感じる季節の会議所ニュースです。

「魅せられて」のコーナーより、今回は11月10日にスタートする「すわともカード」の中心メンバーにご登場いただきます。

商売、そして地域の活性化に繋げていく

376.gif

 

すわともカード準備会★合同会社 まちづくり諏訪メンバー★(写真、右から)㈲カクセン 上條恭平さん・㈲いずみ 宮坂友子さん・㈲金鵄園茶店 宮坂時彦さん・カット&リラクゼーションナチュラル 長谷川佳史さん

 諏訪市の新しいポイントカード、『すわともカード』。大型店の進出や駅前商業施設の閉店など、深刻化する地域の商業を取り巻く環境の打破に繋げたい。また、「商業者同士、共同で取り組めるものになれば」との思いがあり、運用への動きが始まりました。運営は、自分達で出資し立ち上げた「合同会社まちづくり諏訪」で行うことに。今月10日、ついにその事業をスタートさせます。

 「すわともカード」の名前は市民の方から公募し、たくさんの候補の中から選考し決定。「ともに育み、諏訪のにぎやかな発展を願う」という気持ちが込められています。カードデザインは、イメージキャラクターに『たかしまん』を起用。高島城をモチーフにした男の子で、子どもからお年寄り、そして男女の別なく広く愛されるカードになって欲しいとの願いを込めました。

 目指しているのは、諏訪の中で楽しめるカード。カード事業立ち上げの大きな目的のひとつが、「お客様に喜んでいただくこと」。商業者である私たちは、同時にいち消費者でもあります。お客様の視点を持ち続けることは不可欠です。ただ買い物をしてポイントを貯めてもらい、金額で還元する、という仕組みだけではありません。カードを満点に貯めると交換できる商品のプレゼントやメニューを加盟店に設けるなど、特別な価値をプラスしていきたいと考えています。また、カードを満点にすると、地域に貢献できる仕組みも考えています。諏訪の魅力を発信するツールとして利用し、地域の人にも地元をもう一度見つめ直す機会にしてもらえればと思います。

 カード名称募集の際に気付いたことが、諏訪を愛する強い気持ちを持った方が、一般の方の中にたくさんいらっしゃるということ。低迷する景気の中、むしろ商業者のほうが元気をなくしがちかもしれません。この機会に、商業者の人たちにも、改めて地域に愛着を持つと共に、商売をすることをもう一度『楽しい』と思えるようなきっかけ作りができたらと思います。そのためにも加盟店を増やし、仲間の輪を広げて、みんなで協力していくことが必要です。

今は不安よりも、「楽しみ」「面白いことをやりたい」という気持ちが強いです。カード導入を出発点として、商売、そして地域の活性化に繋げていくつもりです。今後もワクワクするような企画を多く盛り込み、地域の皆様と歩み寄りながら、自分たちの手で諏訪を盛り上げていきたいと思います。

平成24年11月会議所ニュース376.pdf

主な内容

P1(表紙:水谷心さん「大見山展望台」)

P2_3.pdf(特集:諏訪圏工業メッセ2012いよいよ開幕

P4_5.pdf(マンスリートピックス:通りから見える緑と花のコンテスト各賞決定他)

P6_7.pdf(インフォメーション:障害者就職相談会、法人学校他)

P8_9.pdf(「魅せられて」、すわともカード

P11_12.pdf(行事予定、会員新年会、商工会議所福祉制度キャンペーンのお知らせ

 

以上

以上