2012_8月

 

今月の記事よりP10「魅せられて」のコーナーを紹介します。

街の人たちから、たくさんのパワーをもらっています

煎豆茶亭 古畑しのぶ さん

373_P10.jpg

 スワプラザの立ち上げと共に、主人の母が始めたこのお店の歴史は、33年になります。嫁いできてから煎豆茶亭で働きはじめました。

 企業に勤めていた私には、初めての経験ばかりで戸惑いの連続でした。これまで続けてこられたのは、街の人たちが私を受け入れてくださったからだと強く感じています。接客は、自然にできるようになるまでお客様にも教えていただきました。今も街の人たちから、たくさんのパワーをもらっています。

 そんな街の人との関わりの中で生まれたのが、「みそキャラメルアイス」。諏訪の特産物である、みそ天丼の姉妹品を作らないかと声をかけていただき、独自に開発しました。赤みそダレを使い、味のアクセントに諏訪湖豆とキャラメルをトッピングしています。試作段階では常連さんに食べて頂き、味や材料の吟味を重ねました。商品化後は、特に女性のお客様からご好評を頂いています。アイスの他、コーヒー豆を練りこんだサブレなど、地域の企業や人々とのコラボレーションで生まれた商品もあります。

 喫茶店では、美味しいコーヒーをお出しするのは「当たり前」。一番大切にしていることは、お客様とのコミュニケーションです。会話を楽しみに来店してくださる方もいらっしゃいますし、ご年配のお客様には特にお声掛けし、お元気そうかご様子を伺うように心がけています。

 5年程前に、お店を「禁煙」にする試みも行いました。煙草を吸うお客様の中には、お店から離れてしまった方もいらっしゃいました。これで良いのかと悩みましたが、一度決めたのだからと禁煙のまま通すことに。今では「コーヒーの味をより楽しめる」というお客様も増えてきて、挑戦して良かったと思っています。

 これからは、昔からのお客様を大切にしつつ、新しい方々にもお店を知ってもらいたいと考えています。また、足が遠のいていた方にも、改めてお店を思い出してもらい、気軽においでいただきたいです。そのためにも、街の人々との結び付きを深めてお店の存在を広めながら、心地よいコミュニケーションの提供を図り、「また煎豆茶店に行ってみたい」と思っていただけるような工夫と努力を重ねていきたいと思います。美味しいものを囲んでおしゃべりを楽しみ、なごやかであたたかい気分になってもらえるようなお店づくりを目指していきます。

 

㈲鉄鉱泉 煎豆茶亭

住所:諏訪市

   諏訪1丁目6-1

   スワプラザ4F  

電話:(0266)52-0068 

--

主な内容

373_P1.pdf(表紙:水谷心さん「諏訪湖の夏」)

373_P2_3.pdf(特集:諏訪湖周まちじゅう芸術祭開幕)

373_P4_5.pdf(マンスリートピックス:諏訪サロン7月例会、諏訪ともカード加盟店募集)

373_P6_7.pdf(インフォメーション:諏訪圏工業メッセ、小規模企業振興委員の紹介)

373_P8.pdf技能五輪特集、「諏訪地域からの出場選手」について)

373_P10_11.pdf(「魅せられて」、行事予定ほか)

373_P12.pdf諏訪よいてこ

以上

以上