2013_3月

 

2013_3月(No380)よりP10魅せられてのコーナー

今回は、「すわ小町が選ぶ おみやげグランプリ2013」グランプリ受賞 諏訪湖手長えび煎餅

㈱花夢うらら 所長 渡邉朋和さん

花夢うらら.jpg

 今回が初の開催となった、「すわ小町が選ぶ おみやげグランプリ2013」|

〝これぞ諏訪のおみやげ〟という商品を女性視点で決めるという催しでした。

 創業以来、観光土産品の開発や販売・製造を中心に事業を展開してきた花夢うららは、参加を決意。こうしたイベントに参加することで、まちおこしに繋がれば良いなという思いもありました。結果、出品された54の商品の中で、目標通りグランプリを受賞することができました。

「諏訪湖手長えび煎餅」

 グランプリを獲得した商品は、「諏訪湖手長えび煎餅」。諏訪地域にお越しいただいた方々にぜひ召し上がっていただきたいと、7年前に開発した商品です。諏訪といえば=諏訪湖。元々、「諏訪らしい」商品として諏訪湖特産の手長えびを使うのはどうか、という考えがきっかけで生まれたお土産品です。自社の商品の中でも、一番柱の商品といっても過言ではありません。

 手長えびは諏訪湖で獲れたものを使用。頭からしっぽまで、全てをすり身にして生地を作り、サクサク感たっぷりの香ばしい煎餅に仕上げています。諏訪湖で手長えび漁が出来るのは実は年に1ヶ月のみで、6月だけです。当日のプレゼンでは、そんな手長えびの希少性をお伝えしながら、審査員の方々に向けて商品をPRしました。

 グランプリに参加して良かったのは、地元の方々に商品を知っていただけたことや、審査員の皆様から、直接「おいしい」と感想を聞けたこと。えびの香ばしさが大変好評だったようです。

 受賞後は、お得意先からお褒めの言葉をいただいたり、お問合せやお買い上げの数も増えています。グランプリを受賞したということだけでなく、「すわ小町のおみやげグランプリ」の存在そのものも広めていきたいという思いがあります。

 今後は、手長えび煎餅を、諏訪地域を代表する存在として更に育て上げたいという意欲を持っています。観光客だけでなく、地元の方々にギフトとして贈ってもらえるような提案もしていく予定です。また、諏訪湖の美化などを通じて「諏訪湖の手長えび」の生息にも協力していく心づもりです。

 目指すのは、地元に根差し、地域の魅力を発信できる商品を生み出す企業。現在、手長えび煎餅の他に、八ヶ岳Farmers Cakeのチーズケーキや、Farmers Tomatoのトマトのスイーツなど多数の商品を販売しています。これからも受賞商品に限らず、お土産品を通して、地域に貢献していきたいと考えています。

「諏訪湖手長えび煎餅」は、諏訪湖周辺のホテルの売店、ドライブイン、諏訪湖サービスエリア上下線、パーキングエリア、駅の売店等で販売しています。

 

㈱花夢うらら 諏訪市中洲683ー1  電話0266(58)8028

2013_3月表紙絵水谷心さん.jpg

平成25年3月会議所ニュース(本紙→PDFNo380_2013_3.pdf

 

主な内容

P1(表紙:水谷心さん「春の訪れを告げる」)

P2_3(商工会議所検定を活用して「人材を育てる」

P4_5(マンスリートピックス:東京ギフトショーに2事業を出店、すわこ小町が選ぶおみやげグランプリ他)

P6_7インフォメーション:諏訪市新入社員歓迎大会のご案内、燃やさずにリサイクル他

P8(中小企業向け平成25年度税制改正のポイント

P9(本紙のみ掲載:快進撃企業に学べ_坂本光司さん、トレンド通信_渡辺和博さん)

P10_11(魅せられて(会員さん紹介)、「行事予定、新会員紹介

P12(まちの賑わい、会員観桜会のご案内)

以上

 

以上