2013_8月

2013_8月(No385)よりP10魅せられてのコーナー。
今回は、諏訪湖エリアまちなか観光案内人協議会事務局 藤森陽子さんのご紹介です。

いろんな人たちとの繋がりを持つことができる

385_fuzimori.jpg

 

  2007年1月に発足した、「諏訪湖エリアまちなか観光案内人協議会」。地域住民による『観光交流事業の活性化』と『おもてなしの心の向上』を目指して、2006年に初めて開講された「すわこおもてなしアカデミー」を修了した有志の人々によって設立された団体です。私はその第一期生で、現在はガイド兼事務局を務めています。

 第1回の「すわこおもてなしアカデミー」は、市民ガイドの育成を目的に開かれました。翌年に控えていた、NHK大河ドラマ「風林火山」放映による観光客の増加に対応するため、というのが主な理由のひとつ。私もこのアカデミーを受講したのが始まりです。地域外からやってくる友人たちに紹介できるように、また、地域の方々との交流を持つことができる趣味の一環としても、改めて地元のことを勉強したい、という思いからでした。何度かお客様の前でガイド活動を繰り返すうち、上手くいったときの楽しさを味わえるように。豊富な資料で勉強させてもらえたご奉仕になればと、観光案内人としてガイドに携わるようになりました。今期も行ったアカデミーはこれで4回目を迎え、そろそろ4期生が入会しようしています。

 ガイド活動の魅力は、「いろんな人たちとの繋がりを持つことができる」こと。様々な地域から、様々な人々が諏訪の地にいらっしゃいます。当たり前ですが、その興味も様々。お客様の反応を見ながら、話の内容を臨機応変に転換させていかなければなりません。高島城を始めとする場所で、6年目に入ったガイド活動ですが、いまだに難しい部分です。最初の頃戸惑ったのが、「この木は何?」と、高島公園に植えられている木の種類を聞かれること。ガイド用の知識とは全く違うことを尋ねられ、たじたじになってしまうこともしばしば。聞かれてわからなかったことはすぐに調べて、話の引き出しをたくさん作っていくことが必要なのです。難しいことですが、同時にとても奥深い部分でもあります。そうしてガイドした方から御礼状をいただいたり、リピーターになっていただくこともあり、自分の活動がかたちとなって表れているととても嬉しく感じることも多いです。逆にお客様から教えて頂くこともあります。

 こうした活動ができるのも、家族や、私のできない部分をフォローして下さる会長はじめ、会員のみなさんの協力あってこそ。周囲への感謝を忘れずに、これからもできる限り観光案内人として活動し、また協議会としての形を存続させていきたいと考えています。

諏訪湖エリアまちなか観光案内人協議会

今月の表紙

諏訪湖ふれあいの渚」絵・文/水谷心さん

385_hyou.jpg

 もう、20年も前のことになるだろうか。諏訪湖流域下水道の全面的な共用を機に、あらたな湖岸の整備が始まった。それは、「昭和30年ころの諏訪湖を原風景として、当時の諏訪湖が持っていた自然環境を備え、かつ、現代のニーズにも対応した湖岸づくりを進めよう」というものだったと思う。

 それから、人工的な渚づくりが試験的に始まり、今では自然環境を保つための渚を湖周全体に広げるための工事が進んでいる。特に上諏訪温泉付近の湖畔公園を含む湖岸では、人と自然や生き物、そして水とのふれあいを大切にした「ふれあいの渚」づくりが進み、新たな湖岸の風景を生みだしている。そして、あまり知られていないかもしれないが、この「諏訪湖ふれあいの渚」は、「日本の渚100選」にも選ばれている。全国の名だたる海岸が並ぶなかで、とっても嬉しいことだ。ここまで諏訪湖の環境再生が進んだのも、周辺市町村の皆さんの意識と努力の積み重ねによるものだと思う。

 確かに、私たちの子どものころは、毎日のように湖岸で釣りをして遊んでいだ。そして、夏になれば、湖で泳ぎながら貝をとった。そんな、「信州の美しい湖」としての自然を取り戻し、多くに人々が集まるようにしたいものである。

 表紙絵は、信州でも厳しくなってきた夏の暑さを癒せるように、噴水のある渚の風景を描いてみた。

 平成25年8月会議所ニュース(本紙→PDF385_2013_8.pdf
 
主な内容

P1(表紙:水谷心さん「諏訪湖ふれあいの渚」)

P2_3(第25期議員改選が行われます

P4_5(マンスリートピックス:姉妹都市訪問、諏訪よいてこ、他)

P6_7インフォメーション:新卒企業ガイドブック掲載希望企業募集、検定試験のご案内、消費税転嫁対策相談窓口設置、他

P8(「XPのサポート終了について」

P9(本紙のみ掲載:快進撃企業に学べ_坂本光司さん、トレンド通信_渡辺和博さん)

P10_11(魅せられて(会員さん紹介)、「行事予定、新会員紹介

P12(諏訪湖まちじゅう芸術祭他)

以上

以上