2014_2月

2014_2月(No391)よりP10魅せられてのコーナー。
すわ姫会   蓑島江身子(㈲ぷれぜんと)さんのご紹介です。

「お・も・て・な・し」の街と言えば諏訪!と言って頂けるように

ぷれぜんと蓑島様.jpg

 諏訪地域で、飲食処ばんや・牛角諏訪インター店・牛角岡谷店を経営し、おかげさまで21年目を迎えます。私は東京下町で育ちました。結婚前は銀行員や幼稚園教諭をしていました。とにかく子供が好きで、「元気で楽しく過ごしてほしい!」という思いで楽しく仕事をしていました。今は、「お店に来てくださるお客様が、楽しく過ごして頂き、元気になって帰って頂きたい!」「社員・スタッフもお客様の『笑顔』や『楽しんでいる姿』にやりがいや喜びを感じてもらいたい!」という思いで仕事をしています。

 ばんやでお出しする料理は、諏訪でしか味わえない鹿肉の創作料理や、地産地消の食材を積極的に使っています。「諏訪ならではのお料理を楽しんでいただきたい!」「旬のおいしさを届けたい!」とスタッフが日々創作料理を考えてくれています。それも、「また来るよ」と言って頂けることに、やりがいや生きがいを感じてくれているからです。人は、自分の好きなもの、好きなことから自信が持てると、驚くほどの発想力や創造力を発揮します。それが素敵なお料理や、癒しの接客につながると思います。スタッフの活力がお客様の『笑顔』と『元気』のもととなり、観光で来てくださるお客様が「諏訪ってとても素敵な街!何度でも行きたい街!」と思って頂けるよう心がけています。

 すわ姫会には、諏訪観光協会から声をかけて頂いたことがきっかけで入会しました。多岐にわたる分野で活躍されている女性が集まっていることに驚いています。 諏訪観光協会の井口会長をはじめ、すわ姫会会長の白鳥さんが、意見を出しやすいような環境を作ってくれていることで、女性ならではの発想力が発揮され、たくさんの議論が飛び交っています。広い視野で考えたりアイディアを出したりすることで、経営者としても、人としても、非常に勉強になります。

 諏訪の女性は、粘り強く、心が純粋で、自分の使命に対し一生懸命ひたむきに頑張ります。この特徴を生かして、ホスピタリティな街、「お・も・て・な・し」の街と言ったら全国で諏訪しかない!と言って頂けるよう、諏訪の付加価値を高め、『楽しく』発信していける宣伝マンとして活動をしていきます。

※すわ姫会…諏訪地域で観光業に携わっている女性が、総勢21名で活動しています。女性の感性や行動力を生かして、人にやさしい観光地づくりを目指しています。

 
平成26年2月会議所ニュース本紙
→PDF
391_2014_2.pdf

主な内容

P1(表紙撮影場所:諏訪湖畔(諏訪フォトライブラリより))

P2_3(平成26年度税制改正のポイント) 

P4_5(マンスリートピックス、新春祝賀会、講演会、個別指導会)

P6_7(セミナー案内、個別指導会案内、他)

P8_9(小規模企業共済、快進撃企業に学べ、トレンド通信)

P10_11(魅せられて、行事予定、新会員紹介)

P12(スワいち、みそ天丼会参加店募集説明会案内)

以上

以上