2016_2月

 

2016_2(No415)よりP10魅せられてのコーナー。北原悠二朗さん(日本国際交通㈱のご紹介です。
 
kitahara.jpg
人と人との繋がりを大切に、満足のいくサービスを
 
 生まれ育った諏訪で働き始めて、もうすぐ4年が経とうとしています。
 大学時代は工学部に学び、将来は機械、自動車関係の仕事をしたいと漠然と考え、就職活動をしていました。あるときふと「諏訪に戻ろう」と決意し、母が社長を務める日本国際交通に入社しました。兄が旅行代理店とは別の道に進んだことが、決意のきっかけとなったかもしれません。
 
ふるさと諏訪の魅力
 諏訪の地は、空気がとてもきれいで、自然が豊富です。当たり前にあったその環境から離れ、初めてその良さを感じることができました。今では諏訪以外で働くことが考えられないくらい、この地が大好きです。
 だからこそ、諏訪を好きになってもらい、もっと諏訪に来てくれるお客様を増やしていけるよう、観光案内に力を入れていきたいと考えています。団体のお客様はもちろんのこと、個人のお客様にも様々なご提案をしていきたいと思います。
 
価格では計れないサービスを
 現在、インターネット上では、格安な旅行プランが溢れています。若い方の中には、価格比較サイトで旅行会社を決めるお客様も増えてきました。そうした時代だからこそ、細かいところまで行き届いた気配りや、サービスを提供しています。お客さまとお話をしながら、その方が本当に求めていることを探って、満足のいくご提案をしていけるよう努力しています。
 バスの添乗時は、時間管理など、当日の変化に臨機応変に対応していかなければなりません。お客様がバスの中で楽しんでもらえるよう、最善の努力を尽くします。
 また、現地の案内をした後のフォローを必ず行うようにしています。お客様から「そこまでやってくれるの!」とありがたいお言葉をいただいた時には、とても嬉しく感じます。
たくさんの出会いを通して
 私は、たくさんの方と出会い、繋がり、一緒に思い出づくりができるところに一番やりがいを感じています。
 一度利用してくださったお客様が私のことを覚えてくださっていたときには、本当に嬉しく思います。
 私の名前が「ゆうじろう」であることから、よく石原裕次郎さんのカラオケのリクエストが出ます。お客様の期待にこたえられるよう、練習を積んでいます。「ゆーちゃん」の愛称も、お客様とのつながりから生まれた宝物です。
 
 これからも皆様の心に寄り添う、あたたかな会社でありたいと思います。たくさんの人との出会いを楽しみにしています。土日・祝日も営業しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
 
平成28年2月会議所ニュース本紙
→PDF
2016_415_2.pdf

主な内容

P1(表紙撮影場所:高島城)

P2_3(平成28年度税制改正のポイント) 

P4_5(会員新年会、個別指導会、年末企業研究会、他)

P6_7(セミナー案内、個別指導会、他)

P8_9(諏訪市からのお知らせ、快進撃企業に学べ、トレンド通信*本紙のみ掲載)

P10_11(魅せられて、行事予定、新会員のご紹介)

P12(諏訪警察署からのお知らせ)

 

以上