2016_4月

2016_4(No417)よりP10魅せられてのコーナー。古林 絵美子さん(湖泉荘のご紹介です。

 
古林.jpg
諏訪の魅力を多くの方に伝えたい
 
 2012年に湖泉荘をリニューアルオープンし、若女将として働き始めました。支配人となった主人から若女将の話があり、私が力になれるのなら、とすぐに承諾しました。小さい頃、旅館の女将になってみたいと思っていた時期もあり、夢や経験を活かしたいと思ったのです。それから毎日大切なスタッフと共に頑張っています。
 
スタッフ一人一人の心配り
 湖泉荘には「マニュアル」はありません。フロントのマニュアルさえありません。すべてのスタッフがお客様に合ったおもてなしを自分で考え、自然とそれを行ってくれるのです。私は本当に恵まれたスタッフの中で働けていると感謝しています。
 館内は我が家のような心地よさとさりげないおもてなしをするよう心がけています。例えば、客室に置いてある小さなカゴ、これは温泉に行くときに着替えや化粧品を入れられるように。ロビーには子どもが遊べるようにおもちゃを置き、大人は珈琲を飲みながらゆっくり旅の予定を話せるように。自動販売機にはビニール袋を。お客様が本当に必要なサービスをお客様自身で選べるようにしています。
 お食事処もそれぞれのお客様のニーズに出来る限り合わせ、気兼ねなく過ごしていただけるように、お席などをスタッフ自ら工夫してくれています。
 駐車場では、お客様は車内で荷物を整理したり、旅程の相談をされることがよくあります。そんな時間を大切にしたいので、すぐにお出迎えをすること、駐車場で待つということはあえてしていません。
 全ての時間が〝お客様の時間″。つかず、はなれず、さりげなく・・・といったところを大切にしています。
 
働きやすい職場を目指して
 諏訪は観光業・サービス業が多いですよね。特に女性にとって、この業種で働くことに不安を感じている方もいるかもしれません。24時間営業であったり、土日は忙しいので尚更です。そんな女性の方たちに伝えたいのが、実は働きやすい企業もたくさんあるということです。湖泉荘は「社員の子育て宣言企業」に登録し、働く女性を応援しています。湖泉荘以外にも、女性が働きやすい職場作りに力を入れている企業さんもあるということを伝えていきたいですね。
 若女将として、スタッフが相談しやすい、話しやすい雰囲気作りを大切にしています。それがお客様のサービスにも繋がると思うのです。そして、みんなで諏訪をもっともっと盛り上げていきたいと考えています。
 
まちも人も財産
 私はこの仕事に就いてから、本当にたくさんのお客様に出会うことができました。諏訪で頑張っている人たちにも出会いました。まちも人も財産ですね。
 湖泉荘では思い出作りだけでなく、来て下さった方が諏訪を好きになるように、そんな願いを込めて日々頑張っています。子どもが大人になった時に「諏訪っていいところだよ」と伝えていってくれたら素敵ですよね。これからも諏訪のいいところを、全国からいらっしゃるお客様、諏訪に住む人に伝えていきたいと思います。
 
平成28年4月会議所ニュース本紙
→PDF
2016_417_4.pdf

主な内容

P1(表紙:上川バイパス)

P2_3(平成28年度事業スタート) 

P4_5(市と商議所の懇談会、合同就職説明会、電力自由化、他)

P6_7(年会費納入のお願い、快進撃企業に学べ、トレンド通信*本紙のみ掲載、他

P8_9(諏訪市プレミアム付商品券事業報告)

P10_11(魅せられて、行事予定、新会員のご紹介)

P12(すわをかしまつり、観桜会)

 

以上