2016_5月

2016_5(No418)よりP10魅せられてのコーナー。赤坂 弘之さん(Mimosaのご紹介です。

 
mimoza.jpg
気軽に楽しめるお店を目指して
 
フレアバーテンダーを始めたきっかけ
 私がフレアバーテンダーを目指したきっかけは、トム・クルーズ主演の映画「カクテル」を観たことです。もともと私はクラシカルなバーテンダーをしており、この映画でボトルやシェイカーなどを投げ、カクテルを作るフレアバーテンダーという存在を知りました。
 主人公が自分もお客様も楽しませていたところに感銘を受け、私もやってみたいと思ったのです。最初はお手玉を投げる練習から始め、毎日5時間の練習を重ねてやっとボトルを投げられるようになり、次第に大会に参加するようになりました。全国大会3位の成績をいただいたこともあります。そして2015年8月に、念願のフレアカクテルバーを開店しました。
 ドリンクは300種類以上そろえています。お客様をイメージしてオリジナルカクテルをお作りすることもあります。また、お客様が召し上がっているものや好みに合わせて、オリジナルドリンクを提供することもできます。
 
若い世代にもバーの魅力を伝えたい
 今は、若い世代の方が街に飲みに来ることが少ないように感じます。若い方たちにも楽しんでお酒を飲んだり、悩んでいることを話したりしながら、仕事のリフレッシュをして欲しい。普段から気軽に足を運んでもらいたい。そんな想いから価格を低く設定し、一人でもお酒を飲めるような空間づくりを工夫しています。
 
諏訪の魅力
 わたしの考える諏訪の魅力は、人がとても優しく、なじみやすいところです。そして繋がりを大切にしてくれます。
 お店を始める際にお世話になった方、近所の方も「今日も飲みに来たよ!」「調子どう?」と様子を見に来てくれます。私が店を成功させて軌道にのることが、一番の恩返しになると思っています。そして今度は後世を育てて次の世代に繋げていくこと、若い世代が元気に街に出られるように、自分自身がまず動くこと。それが自分の役目だと思っています。
 お客様がバーに来て「明日も頑張ろう」と思ってもらえることができたら、自分の仕事は成功だと思います。そんなお店を目指して、これからも夢の実現に向けて努力していきたいです。
 
平成28年5月会議所ニュース本紙
→PDF
2016_418_5.pdf

主な内容

P1(表紙:諏訪湖 かりんの花)

P2_3(商工会議所検定を活用しよう) 

P4_5(臨時議員総会、新入社員歓迎大会、研修会、会員観桜会、他)

P6_7(年会費納入のお願い、諏訪市からのお知らせ、労働保険料率、

P8_9(セミナー結果報告、快進撃企業に学べ、トレンド通信*本紙のみ掲載

P10_11(魅せられて、行事予定、新会員のご紹介)

P12(諏訪よいてこご案内、ベストウィズキャンペーン)

 

以上