新型コロナウイルス感染症 関連情報 詳しくはこちら

緊急事態宣言の影響緩和に係る『一時支援金』について

目次

概要(抜粋)

 2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の方が対象です。
  詳細は下記の経済産業省のホームぺージに掲載されている各種資料をご覧ください。↓
緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細について(経済産業省ホームぺージ)

<給付対象のポイント>

  • 緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること
    (飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響を示す書類の保存が必要です。申請時に提出は不要ですが、事務局等から求めがあった場合には、速やかに提出してください。) 
  • 2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少した事業者

<給付額>

2020年又は2019年の対象期間の合計売上 - 2021年の対象月の売上×3ヶ月
中小法人等:上限60万円  個人事業者等: 上限30万円
対象期間:1月~3月
対象月:対象期間内に、2019年又は2020年の同月と比べて、緊急事態宣言の影響により事業収入が50%以上減少した月から任意に選択した月 

申請の⼿順について(ポイントのみ抜粋)

1.事前確認

まずは給付対象者になるのか?どうかを確認!【とても重要】こちらを熟読!【必須*ほとんどの疑問が解決します。】↓

詳細及び給付対象かどうかの確認や必要書類の不明点は、一時支援金ホームページまたは、相談窓口TEL0120-211-240へお問合せください! 併せて、確認!一時支援金申請に係る関係書類がすべて掲載されているページ
https://ichijishienkin.go.jp/downloads/index.html

2.事前準備

・申請に必要な書類を準備!詳しくはこちら→一時支援金ホームページ

3.申請(2021年5月31日まで)

手順 1 マイページ上(https://reception.ichijishienkin.go.jp/login)で仮登録/申請IDの発番を行う
手順 2 登録確認機関から事前確認を受ける。
*諏訪商工会議所会員事業所の皆様は、諏訪商工会議所(登録確認機関)へご連絡ください。
*事前確認させていただく内容な主に以下の点になりますので、ご準備よろしくお願いいたします。
① 「申請ID」、「電話番号」、「法人番号及び法人名(法人の場合) 」、「氏名及び生年月日(個人事業者等の場合)」の確認【必須】
② 本人確認
③ 「確定申告書の控え」、「帳簿書類」、「通帳」の有無の確認
④ 「帳簿書類」及び「通帳」のサンプルチェック※ 登録確認機関が任意に選択した複数年月における取引の確認
⑤ ③及び④が存在しない場合、その理由について確認
⑥ 宣誓・同意事項等を正しく理解しているかについて口頭で確認【必須】手順 3マイページ上https://reception.ichijishienkin.go.jp/loginで一時支援⾦の申請を⾏う↓申請内容の確認を一時支援金事務局が行い。
承認されれば、登録口座に支援金が振り込まれます。(4月以降、商工会議所会員事業所の方向けに個別相談会を開催する予定です)

目次
閉じる