新型コロナウイルス感染症 関連情報 詳しくはこちら

売上UP、生産性・業務効率向上で利益を増やす!~デジトレ診断のススメ~

目次

どこまで経営に活かせているのか

利益を増やすためには、売上UPと生産性・業務効率向上にバランス良く取り組む必要があります。そのための道具である「デジタル化」にどのくらい取り組んでいますか?

「できることなら、自社にピッタリなシステムを導入して、上手に使いこなしたい。」「現場にあったデジタル活用で、顧客満足度と従業員満足度を高めて競争力を向上させたい。」と、お考えの皆様におススメするのが「デジトレ診断」です。

WEBで、5つの分野各20の設問に回答するだけで、自社のデジタル活用の現状を俯瞰し、デジタルをどこまで経営に活かせているのか、強いところ・弱いところを客観的に把握できます。

当所では、本年12月まで日本商工会議所等と連携して「デジトレ診断」を無料で実施しています。是非ご利用ください。診断のみでも、診断結果からどのようなデジタル化に取り組むべきかの方向性についてのご相談もお受けいたします。お気軽にご相談ください。

強いところ・弱いところ  デジタル活用度が数字でわかります!

「デジタルー5つの活かし方」を磨いて、利益を増やしましょう。

デジトレ診断では、多数の実事例からデジタルの活かし方を5つに分類し、それを中小ビジネスに求められる5つのデジタル力としてまとめています。

5つのデジタル力ごとに、どんなデジタル環境を整備すればいいのか、せっかく導入したデジタル技術をどう活かせばいいのか、デジタルを活かすためのスタッフの行動から組織のあり方まで、成功のポイントを網羅的にチェックできます。

そしてその一つひとつに、そのデジタル力をつけるために必要な強化ポイントを示します。利益を増やすための処方箋として活用ください。

無料診断のご利用方法(中小企業のデジタル実装を推進するためのトライアル事業)

無料診断ご希望の方は、諏訪商工会議所までご連絡ください
TEL0266-52-2155 Email:info@suwacci.or.jp

 商工会議所では中小企業・地域のデジタル実装支援に積極的に取り組んでいます。日本商工会議所は、中小企業デジタル化支援強化に向けたトライアル事業を先月より開始。本事業は長野県下の18商工会議所、合同会社デジトレ、特定非営利活動法人長野県ITコーディネータ協議会、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会、一般社団法人Work Design Lab(ワークデザインラボ)の協力のもと、実施しています。

目次
閉じる