MENU
新型コロナウイルス感染症 関連情報 詳しくはこちら

【注意喚起】「Emotet(エモテット)」ウイルスメールについて(商工会議所職員を名乗るなりすましメールにご注意ください!)

目次

昨今、「エモテット(Emotet)」と呼ばれるコンピュータウイルスへの感染を狙うメールの被害が増加しています。
実際にメールのやり取りをしたことのある相手の氏名、アドレス、メールの内容等の一部が、攻撃メールに流用され、ウイルスメールとして送られてくることがあります。

重要な相手や取引先からのメールに見えても、すぐに添付ファイルやURLリンクは開かず、本物のメールであるか、落ち着いて確認し、ご対応ください。

また、コンピュータウイルス感染の被害が発生し、どのように対応したらよいか、お困りの場合は、専門の相談窓口もご利用ください。

「Emotet(エモテット)」の詳細はこちらを必ずご確認ください。

商工会議所の名前を悪用した、なりすましメールが全国で多発しています!
◎万が一、当所の名前が記載されたなりすましメールが届いた場合は、開封せずに直ちに削除してください。
怪しいメールが届いて不安な場合は、メールを開く前に当所へご連絡ください(TEL:0266-52-2155)

【不自然なメール 確認ポイント】
〇送信者のメールアドレスがいつもと違うなど違和感がないか。
 <諏訪商工会議所のアドレスは、”xxx@suwacci.or.jp”です>
〇添付ファイルと一緒にZIPファイルのパスワードが送られてきていないか。
 <一般的に、ZIPファイルとパスワードは別個のメールで送られています>
〇本文の電話番号等の連絡先に違和感がないか。
 <諏訪商工会議所の電話番号は、”0266-52-2155”です>
〇怪しい日本語が使われていないか。

〇特徴

  • ExcelやZIP付きメールでいずれもファイルの開封やURLリンクのクリックを誘導する
  • 件名に会社名や氏名が記載された添付ファイル付きのメールの場合が多く見受けられる(変えてくる場合もあるようです)
  • 添付ファイル送信後に、添付ファイル解除用のパスワードが送信されてくる場合がある
    ※非感染者の名前を語ってメールが送信されている場合もあります。

〇主な対処法

  • 身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない。メール本文中のURLリンクはクリックしない。
  • 自分が送信したメールへの返信に見えるメールであっても、不自然な点があれば添付ファイルは開かない。
  • OSやアプリケーション、セキュリティソフトを常に最新の状態にする。
    ※最新の状態にした場合でもファイルを開けば感染する可能性があります。

【情報セキュリティ安心相談窓口】

IPA 情報処理推進機構
URL https://www.ipa.go.jp/security/anshin/
電話:03-5978-7509
(受付時間は平日の10:00~12:00および13:30~17:00)

Youtube_チャンネル登録

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!